弁護士・司法書士

自己破産を端的に説明すると原則的に返済不能の判断を受けた時点での借金を持つ人が手

自己破産を端的に説明すると原則的に返済不能の判断を受けた時点での借金を持つ人が手にしているほぼ全ての財貨(生活に最小限必須なものは保有を認可されている)を没収される代償に、ほぼ全ての未返済金などの債務が取り消しとなります。自己破産を実行した後労働の結果手にしたお金や新規に所有したお金を借金返済に使う必要、支払義務は全くなく借金を持つ人の再生を促すために整備された法制度といえるでしょう。債務返済に関
Read More