弁護士・司法書士

自己破産手続きは基本的に破産の認定を受け取った際に債務を負った人が持っている私財

自己破産手続きは基本的に破産の認定を受け取った際に債務を負った人が持っている私財(生活上必須なものは所有しておくことを許可されている)を押収される引き換えに今までの債務が帳消しにできるものです。宣告を行った後に働いて得た給金や新たに所有した資産を負債に使用する必然性、支払い強制力存在せず借金返済に困った人の更生を促すために整えられた法制ということになっています。債務弁済に関するトラブルを負う人々が
Read More