無料相談

週刊誌の折込広告、ゴシップ紙、街角に配布された宣伝広告やダイレクトメールで「負債

週刊誌の折込広告、ゴシップ紙、街角に配布された宣伝広告やダイレクトメールで「負債の整理いたします」「負債を一本化したくありませんか」などの宣伝を見かけることが多いです。「整理業者」「買取人」「紹介者」という通称の業者の広告のケースがあったりします。このようなものを頼んだ場合では破産申立手順の中で免責許諾を手に入れられなくなる危険性も存在します。「整理人」の場合、ダイレクトメールなどで負債者を引き寄
Read More
無料相談

自己破産は特定の借入金を含まずに行う手続はできないので数十年残っている住宅ローン

自己破産は特定の借入金を含まずに行う手続はできないので数十年残っている住宅ローン・保証人がある借りたお金をはずした自己破産の申告は認められていません。数十年残っている住宅ローンがまだある段階で破産の手続きを行ってしまえば持ち家は所有権がなくなってしまいますことから、高額な住宅ローンを支払いつつ(自分の家を持ち続けながら)借金を精算したい場合には借入金の返済を軽減する民事再生という申込方法を考えるこ
Read More
無料相談

借金の支払いに関してたまりにたまってどうしようもなくなってしまったのであれば、自

借金の支払いに関してたまりにたまってどうしようもなくなってしまったのであれば、自己破産の手続きの可能性を検討したほうがいい状況もあるでしょう。だとすれば、自己破産という手続には具体的にどのようなポジティブな面があると考えられるのでしょうか。ここでは自己破産のポジティブな点を見やすく説明しようと思いますのでぜひご覧下さい。※負債整理の専門家(司法書士事務所在籍者・負債整理が特異な弁護士)といった人に
Read More
無料相談

自己破産申立てをしてしまうと会社の社員たちに秘密がばれてしまったらもうそこにはい

自己破産申立てをしてしまうと会社の社員たちに秘密がばれてしまったらもうそこにはいられないなどと頼りなく真剣に思われている債務者の方もいらっしゃるかもしれませんが、自己破産というものを実行してしまっても裁判所から勤め先に連絡が直接いってしまうことはまずあり得ないので通常のケースならば明らかになってしまうことはないです。又は、通常の場合、自己破産の手続きをした後であれば、業者から会社の上司に督促の書類
Read More