無料相談

破産の申告を実行してしまうと会社に発覚してしまうのではないかなどと不安にお感じの

破産の申告を実行してしまうと会社に発覚してしまうのではないかなどと不安にお感じの人もいらっしゃるようですが自己破産申請を行っても公的機関から勤め先に事実関係の報告などが直接いってしまうことはとても考えられないので、一般的な場合ならば気付かれてしまうことはないと言えます。または、ごく通常の事案であれば破産の申し立ての後ならば、業者から会社の人間に取り立ての書類が送られることもないと言えます。ただし自...
Read More
住宅ローン

自己破産を行ったとしても公的な機関などから近親者に直々に連絡がいくことはないでし

自己破産を行ったとしても公的な機関などから近親者に直々に連絡がいくことはないでしょう。それを真に受ければ家族や親族に事実が知れ渡らないように自己破産申立てできるかもしれません。ただ実際問題として、自己破産というものを申し立てる時点で公的な機関から同じ屋根の下に住む親族の収入を明らかにする書類や銀行の預金通帳のコピーなどの証明資料の提供を求められるというような事態もありますし貸し手から家族へ連絡がい...
Read More
住宅ローン

自己破産手続きは基本的に債務の返済が不能になったという判定を与えられた時点での借

自己破産手続きは基本的に債務の返済が不能になったという判定を与えられた時点での借り主が持つほとんど一切の家財(生活になくてはならないものは残しておくことを認可されている)を失う一方累積した返済義務が免除となるものです。自己破産を行った後、得た給金や新規に獲得したお金を返済に用いる支払い義務は全くなく債務者の再生を支援するために整備された仕組みといえます。債務に関する問題を負う方がよく背負っている不...
Read More
特定調停による方法と任意整理による方法
弁護士・司法書士

特定調停による方法と任意整理による方法

特定調停による方法も任意整理による方法と似ていて、おのおのの債権を有する者へ借金の返済を行っていくことを前置きとした借金整理の選択のことをいいます。わかりやすくいうと裁判所がやる負債の整理といえます。この特定調停という方法も任意整理による処理と似ていますが自己破産とは異なってある部分のみの負債のみを処理することが可能なため連帯保証人が付いている負債額を別として整理をしたい場合やマンションのロー...
Read More
住宅ローン

親が背負うことになった多額な負債も弁護士に任せてスムーズに債務整理が上手く行き、借入れが大幅に減額したのです

父が友人の借入れの連帯保証人になっていましたが、その人が借入れを返済しないで逃げたみたいで、ある時いきなり父親のところに負債に関する督促が現れたのです。びっくりした父は、いろいろなやり方で、その当人を探しだし金融機関に引き渡したのですけど、金融機関はこちら側への回収を中止しなかったのです。専門家に相談したところ連帯保証とはそういうものだそうです。父が払うことになった保証額は本当に巨額で返せる額でわ
Read More