住宅ローン

負債の再調整により払いすぎた額が返ったわたくし自身の実例について

Posted On 9月 20, 2016 at 2:25 pm by / 負債の再調整により払いすぎた額が返ったわたくし自身の実例について はコメントを受け付けていません。

過払いした分と法律を専門としている事務所につきわたしの経験したことです。借金の整理のひとつの手段の払いすぎたお金を申し入れ出来るという事は、近頃は方々で喧伝 PRされているのでぞんじてはいたのです。私も数年前まで、四分の一くらいの金利で借り入れを使用し続けて来たため、相当の払いすぎた分を督促していく事ができるのに違いないと思っていましたが、いか様にし諸手続きをしていったらいいか知識がなかったためにあきらめていました。しかし、友がとある法律を専門にする事業所を通し過払い金を払い戻して貰うことが可能だったことを知る事が出来たので、自身もインターネットで法律を専門としてる事務室を調査し過払い金要請をしてみる事にしたのです。

自身が見つけだした法律事務所だと、まずどのくらい負債が抱え込んでいたのかと言うことを細やかに説明しました。そうした結果、おおよそ5年を超える年月に渡って借金を償還してきたけれど、その一部はお金を払い過ぎている可能性があることがわかりました。この法律を専門としてるオフィスではひと月に1000件以上もの払いすぎたお金の請求を行っている為、自分自身もお金が戻ってくるかもしれないと言う希望が出てきました。法律事務所の人のお話では、50パーセントぐらいの見込みになってきますが、がんばって頂きますという事でした。

結果的には、自分の件だと手数料を差し引きした結果、20万に匹敵する払いすぎた分が返ってくる事になったのです。この事は幸福でした。さらに、こちらにある20万円を残存している負債に充当することによって、負債の総額を随分減らすことが出来ました。債務のトータルが減少していくと、利息の分も勿論目減りしていきますので、月々の返済額が少々楽チンになってきました。

あきらめていた払い過ぎたお金の請求なのですけれど、あきらめてしまうともったいないと言うのが出した答えになりますね。法律専門の事務室の方々のお言葉だと、5年もの間に渡って債務を償却しつづけている人だと、過払い金が発生している見込が高いという事でしたね。こうした借金のいろいろな問題に関して、対処していくことが十分可能となるんですよ。おひとりでお悩みになられている事は勿体ないことなので、弁護士や司法書士等のプロの方に対してご質問してみて下さい。