任意整理

街で見かける借金整理の広告は本当なの!?

Posted On 3月 8, 2016 at 8:48 am by / 街で見かける借金整理の広告は本当なの!? はコメントを受け付けていません。

日刊紙の宣伝チラシ、ゴシップ紙、街角に配布されたチラシやダイレクトメールで「多重負債の合理化します」「多重借金をまとめませんか」と書かれた惹句を閲覧することがありませんか。

このようなものは、「整理屋」「買取業」「つなぎ業者」と呼ばれる悪徳企業のだまし広告のときもあるということなのです。

それらを頼んだ場合は自己破産申し立ての中で一番大切な免責許可を得られない危険もあります。

「整理人」の場合宣伝などで多重債務者をおびきよせ、すさまじい料金を取り整理をやりますが、結局のところ負債整頓はなされず、負債者はさらに借金スパイラルに落ちるケースがすべてと予想されます。

「買取業」の場合、借金者のクレジットカードで、電化製品、コンサートの券を購入させて、借金者からその品を購入額の2割から半分で購入するという手口のようです。

依頼者は一時は小金が懐に入りますがまもなくカード業者によって商品の支払い要求がくることになり、実際は借金額を上乗せする結末になります。

この際はクレジットカード企業に対して詐欺行為とされてしまい免責判定を手に入れられなくなります。

「紹介業者」の場合、有名な貸金業者から断られる借金人に、自分では貸出は全然せずに、融資を可能な異なる貸し手を知らせ、法外な費用を請求する悪徳業者です。

紹介者は自分の努力で融資可能になったというように報告しますが現実には何もせず、単に審査のゆるめの業者を把握しているだけです。

この場合でも借金をアップさせることとなります。