無料相談

自己破産申立てをしてしまうと会社の社員たちに秘密がばれてしまったらもうそこにはい

Posted On 6月 6, 2017 at 10:38 pm by / 自己破産申立てをしてしまうと会社の社員たちに秘密がばれてしまったらもうそこにはい はコメントを受け付けていません。

自己破産申立てをしてしまうと会社の社員たちに秘密がばれてしまったらもうそこにはいられないなどと頼りなく真剣に思われている債務者の方もいらっしゃるかもしれませんが、自己破産というものを実行してしまっても裁判所から勤め先に連絡が直接いってしまうことはまずあり得ないので通常のケースならば明らかになってしまうことはないです。

又は、通常の場合、自己破産の手続きをした後であれば、業者から会社の上司に督促の書類が送られるといったこともあり得ません。

ただ、自己破産による債務整理の手続きを裁判所にしてしまうまでの間においては貸し主から自分の上司に通達がなされることもありますゆえ、それが発端となってばれるようなことが十分にあり得ますし、月々の給与の差押えを行われると勤め先の人々の知るところになります。

このようなことに対する心配があるのであれば司法書士や弁護士などに自己破産申請の実行を頼んでみるということを検討してみるのがいいでしょう。

専門の司法書士あるいは民法の弁護士などに依頼をした場合、直ちに全債権者に受任通知書が送られますがその受任通知書が到達した後債権保持者が債務をもつ人自身に対して直接返済の請求をしてしまうことは固く禁じられていますから、勤め先に露見してしまうなどということもひとまずは考えられません。

また、自己破産の申立てを原因として今の勤め先を退かなければいけないのかどうかという疑問についてですが公的な戸籍・住民台帳に掲載されるという事態はありませんので、通常であれば会社の上司に知れ渡ってしまうという事態は考えられません。

もし自己破産申請を申し込んだことが勤務先に知られてしまったとしても自己破産の申告を理由に役職からクビにするなどということは不可能ですし、辞めてしまう必然性も一切合切ないのです。

ただ、破産の申立てが自分の上司に明らかになってしまうことで 事実が知れ渡ってしまうことで、居づらくなってしまい自主的に辞職するという場合がままあるというのも事実だと言わざるを得ません。

月収の押収について強制執行等の規則を定める民事執行法の中で差押禁止債権という取り決めの中で給料または賃金などというものを制定されており、このような金に関しては25%という上限までしか没収を許してはいないのです。

よって残額としての75%に関しては差押えをするということは出来ないのです。

また民事執行法内部で標準的な一個人の必須ラインを定めて政令によって目安(33万円)を制定しています故それを下回るケースは1月4日にあたる金額しか押収できないように制定されています。

つまり、借金を持つ人がそれ以上の給金をもらっているのであれば、その金額以上の月給に関しては没収することができると定められています。

ですが自己破産について定められた法律の改定により弁済に対する免責許可の手続きがあり同時破産廃止の決定などによる処分が決まり破産手続きの完了がなされていれば債務の免責が決定し、確定するまでにおいては破産した人の私財の強制執行・仮差押え・仮処分などの実行が執行出来なくなり、すでになされているものについても中断されることに変更されたのです。

そして、債務の免責が決定・確定してしまったときには事前になされていた仮押えなどは効き目を消失するのです。