無料相談

特定調停という方法も任意による整理と同じように、それらの債権を有する者へ返金を継

Posted On 5月 9, 2017 at 4:14 pm by / 特定調停という方法も任意による整理と同じように、それらの債権を有する者へ返金を継 はコメントを受け付けていません。

特定調停という方法も任意による整理と同じように、それらの債権を有する者へ返金を継続していくことを選ぶ債務の整理の選択肢になります。          わかりやすくいうならば裁判所が処理する負債整理と考えればいいでしょう。

特定調停による方法も任意整理とほぼ同じく、破産申告とは異なり一部分のお金のみをまとめていくことができるため、連帯保証人がいる借入を除いて処理していく際や自動車ローン以外で処理していく場合なども用いることができますし、築き上げてきた財産を放棄してしまう必要がないためクルマや有価証券資産を持っているけれど放棄したくない場合などでも活用可能な借金整理の手続きになります。

ただし、これから返済していく額と実際の可処分所得を比較してある程度返済の目処が立つのであればこの手続きで進めることに問題ありませんが破産とは異なって借金自体がなくなるという意味ではありませんので、お金の総量がかなりある場合には、実際に特定調停による選択をするのは難しいということになります。

また、特定調停による解決は公的機関が介入することになりますので弁護士などのプロにお願いしなくても立場が弱くなることがないという点とか手続きのためのコストを圧縮できるという益がありますが各債権者からの督促に対して債務者自らが説明することになる点とか、文字通り裁判所に何回か足を運ぶ手間がかかるといった覚えておきたい点もあります。          くわえて、任意整理による処理と比べると最終的に和解に達しないような時は利息をそのままの計算で返済していくことが求められることや最終的に債権者に対し払うお金が任意整理による処理よりも増えることが多い等の注意点もあります。