弁護士・司法書士

個人の破産の手順においては申立人は最初に申請書を申し立て者の住所を管轄する地裁へ

Posted On 2月 26, 2018 at 10:29 am by / 個人の破産の手順においては申立人は最初に申請書を申し立て者の住所を管轄する地裁へ はコメントを受け付けていません。

個人の破産の手順においては申立人は最初に申請書を申し立て者の住所を管轄する地裁へ送ることから始まります。

申立人からの申し立てが届いたら地方裁判所は破産の許可をする根拠が存在するか否かといったことを審理することになって、検討の完了したとき、申し立てた人に返済不可能な状況などの自己破産の必要条件が備わっていた場合は自己破産申請の認可がもらえるというわけです。

とはいっても自己破産の許諾があってもそれのみでは返済責任が解消されたということにはなりません。

さらに免責をもらう必要があるのです。

免責という用語は自己破産の手続きの際に清算ができない申し立て者の借入に関して地方裁判所によりその返済を除外することです。

※つまりは負債額を無かったことにすることです。

免責の場合でも自己破産申請の許可の手順と同じで地裁で診断がおこなわれて、分析のあとに免責の認可がくだされたとすれば、義務から免れることになり借金はゼロとなります、結果としてクレジット用のカードが使用停止になることを除いて、自己破産認定者が受ける不便から解放されることになります。

ここで、免責非認定(借金を0にさせない)という決定がされると返済義務また破産認定者の被るデメリットは解消されないままになるのです。

破産の法律の免責という制度は仕方のない事情で借金を負い、苦しむ債務者を救助するためにある制度です。

ゆえに貯金を秘匿して自己破産の処理をするといった、司法に不正な用紙を送るなどの破産制度を不正使用する人や賭けや旅行などの浪費によって借入を負ってしまった人達の場合は個人の破産の承認過程を取り消したり、免責適用許されないです。

法律では、免責の許可を受ける資格が認められない場合をさっき取り上げたケースの他にいくつも提示しており、それについては免責の不許可の事由と表現します。