住宅ローン

一番の辛かった取り立てを止めることが出来ました!

Posted On 9月 27, 2016 at 9:20 pm by / 一番の辛かった取り立てを止めることが出来ました! はコメントを受け付けていません。

借金問題で特に悩み経験だった取り立てが止めさせることができた僕が本当に体験した話を紹介します。僕は2交代制の工場の派遣で仕事をしていますが、わたしの年収はやっと190万円にしかなりません。1か月当たりの僕の給料は15万という金額であり、アパートの賃貸料や光熱水道費、食費に携帯代をやりくりして生活していますが、本当に苦しくてギリギリの収入なのです。こういうこともあって、支払いをしなければならないあるごとにカードローンの借入れをずるずると繰り返してきてしまったのです。ほんのわずかでも利息負担を抑えておきたかったので、カードを作った最初の借りいれでおよそ1か月無利息期間があるというシステムのカード会社を片っ端から私は借りていきました。入るお金が低いので、カード会社1社あたりの借り入れ金額はおよそ10万円の範囲で収めていますが、しかし、現時点で、資金にして60万、利率も入れると1000000円近い借り入れ金にまで上って、月ごとの借金の返済額も大体4万円ほどで、返済が無理な状態にしまったのです。

現在借りているキャッシング業者は全部で6社です。これらの6つのローン会社から借金の支払いのせまるの郵便物やら電話での請求が、交互に入るので、返済が出来ない自分自身が一番悪いんだと認識しているもののうんざりしてしまいました。夜勤を終えて、ケータイを確認してみるとくらい着信履歴が来ていて、その間に携帯の料金も払えなくなりつながらなくなると、勤務先に訪ねて来たカードローン業者も複数社現れるようになりました。そんな状況に困ってしまい、地元の司法書士事務所へ経緯を説明し、自己破産の対策をとることにしたのです。するとどうでしょう。僕の借金について司法書士が受任通知をサラ金業者に送ってから、1社たりとも催促がストップしました。夢ではないかと疑うくらいにピタッと止まった何よりホッとしました。

それから、だんだんと希望を持つことができ、その後の返済計画や、この先どんな感じで生活を守っていくかどうかをゆっくり考える時をようやく持つことが出来ました。そうしている間、司法書士の先生がそれぞれの金融会社ごとに債務整理の協議をしていただき、金利の引き下げによる、カードローン返済額を減額という話しを取りまとめてくださってありがたかったです。おかげ様で月々のカードローン返済額は50パーセントにダウンすることが可能になり、曲りなりにもなんとか生きる勇気をついてなり本当に嬉しかったです。これだけ急速に状況が変わることができるんだったら、抱え込まず早いうちに専門家にとにかく相談に行けば良かったと後悔しました。借金の悩みは、悩むより行動することで乗り越えられることができるのです!ぜひ地元の弁護士や司法書士に事情を説明することをおすすめします。